参考資料

(財)住宅金融普及協会発行 木造住宅工事共通仕様書より転載

イメージ
両妻壁にそれぞれ換気孔(吸排気両用)を設ける場合は、換気口をできるだけ上部に設けることとし、有効換気孔面積の合計は天井面積の1/300以上とする。
※吸排気両用:1/300以上

イメージ
軒裏に換気孔(吸排気両用)を設ける場合は、有効換気孔面積の合計を天井面積の1/250以上とする。
※吸排気両用:1/250以上

イメージ
軒裏に吸気孔を、妻側に排気孔を、垂直距離で910mm以上離して設ける場合は、それぞれの有効換気孔面積を天井面積の1/900以上とする。
※吸気孔:1/900以上
※排気孔:1/900以上

イメージ
※吸気孔:1/900以上
※排気孔:1/900以上

イメージ
排気筒その他の器具を用いた排気孔はできるだけ小屋裏頂部に設けることとし、排気孔の有効換気面積は天井面積の1/1600以上とする。また、軒裏に設ける吸気孔の有効換気面積は天井面積の1/900以上とする。
※吸気孔:1/900以上
※排気孔:1/1,600以上