壁の通気

通気層の確保と断熱材の省エネ性能維持で
住宅の快適度と耐久性にグ~ンと差がつきます

壁の通気

断熱材の省エネ性能を維持することは、
エアコンの消費電力もグ~ンと経済的になります。

壁体内に発生した結露を断熱材が吸収すると、次第に重くなりズリ落ちてしまい、断熱材の「省エネ」性能を果たさなくなります。 通気工法は、この様な現象の原因となる結露の発生を未然に防ぎ、断熱材の省エネ性能を維持させる事で、夏涼しく冬暖かい住まいを提供します。おかげでエアコンの消費電力も下がり、とても経済的です。

木質構造体を腐朽から守ります。

壁体内に通気層を設ける通気工法は、壁体内の湿気等の水質分を速やかに排出し、壁体内を適度の乾燥状態に保ち続ける事で、木部を腐朽から守る工法です。

遮熱効果と止水効果で快適な住空間を提供します。

住まいに対する外気温は、体感温度に増して厳しい温度です。特に夏は直射熱に加え、地面やコンクリートなどに反射した輻射熱が、外装材を直撃します。通気層は外壁に当たる、この直射熱と輻射熱の遮断層の役目や、また万一の外壁からの浸水も壁内部に入れない止水の役目も果たし、快適な住空間を提供します。

壁通気工法の目的